歯周病治療

私たちが歯を失う一番の原因は、実は歯周病です。しかも知らない間に進行し、気付いたときは手遅れで、一度に何本も抜けることが多く被害は甚大です。歯の表面には、食事のたびにネバネバした薄い膜状のものが作られますが、これが歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。歯垢は石灰化すると硬い歯石になり、自分では取り除くことができません。歯垢1ミリグラムには、細菌が1億個もいるといわれ、これが歯肉に炎症を起こし、最後は歯を支える歯槽骨まで溶かしてしまいます。支えを失った歯は、まとまって抜け落ちてしまいます。

歯周病チェックのポイント

  • [ POINT 1 ] 歯茎が赤く腫れている
  • [ POINT 2 ] 歯肉から出血する
  • [ POINT 3 ] 口臭がする
  • [ POINT 4 ] 歯と歯の間の隙間が大きくなる
  • [ POINT 5 ] 歯肉がやせ、歯の根が見えるようになる
  • [ POINT 6 ] 歯がグラグラするようになってきた
  • [ POINT 7 ] 歯肉がムズムズした感じがして違和感がある

忍び寄る歯周病

国民の8割以上が歯周病・歯槽膿漏にかかっています。歯周病は自覚症状が出にくく、知らない間に進行する典型的な病気です。しかし発見が早ければ進行を抑え、予防することも可能です。ご家庭でのブラッシングの際に、歯肉まで点検する習慣を持ちましょう。

歯周病が進行すると・・・

「歯槽膿漏」は歯肉からウミがでる現象を表現したもので、今では歯周病(歯周疾患)といいます。歯周病が進行すると、歯を支えている骨が溶けてなくなり、最悪の場合、抜歯となってしまいます。

[図1]を見ると、骨が溶けてしまっています。(赤丸部分)歯肉が腫れて、痛みを伴っています。[図2]は[図1]の抜歯で、こんなにたくさんの歯石がついていました。(黒い部分が歯石)

歯垢にカルシウムなどが沈着すると、歯石になりますが、歯肉の中(歯周ポケット)にも歯石はついてきます。そうなると、機械を使っても充分に歯石を取り除くことができない為、骨がさらに溶けてしまい、このように抜歯となってしまいます。歯周病で歯を失わないように、正しいブラッシングを身につけて、定期検診で歯肉の状態をチェックしましょう!

▲ページの先頭へ戻る