なぜ虫歯になるの?

虫歯の原因図虫歯は左図のように「糖質」「歯」「細菌」の3つが存在することにより発生します。しかし、完全に糖質を取らないことは不可能ですし、細菌は個人によりその数は違いますが、口の中に存在します。この虫歯菌は糖質を利用してデキストランという水に溶けない物質を作ります。デキストランの中で虫歯菌は歯面に付着し、糖質をえさにしてどんどん増えていきます。そして歯を溶かす酸を作り出します。私達が歯垢と呼んでいるものは細菌のかたまりなのです。

虫歯予防について

通常の虫歯治療は、虫歯によって開いた穴を削って塞ぐだけで、虫歯になった原因まで取り除くわけではありません。つまり、虫歯になる原因を解決する治療をするわけではなく、原因自体を究明することはありません。現在の保険診療制度には、虫歯の原因を取り除く治療や検査はほとんど存在しないのが実情です。

その一方で、虫歯になるにはそれだけの理由があります。虫歯になりやすい条件が変わらず存在する限り、一度虫歯になった歯こそ再発しやすいともいえます。それどころか、次の虫歯は一番最後に治療した歯である可能性すらあるのです。

これらの現実に立ち向かうためには、何より虫歯の本質を正しく理解することが必要です。前述の通り、虫歯ができる原因は虫歯菌と糖分、そして口腔環境にあります。これら3つの要因がなくなれば、以前治療した虫歯は再発しなくなり、新たな虫歯も発生しなくなるのです。

定期健診を受けましょう!

お金と労力を費して治したはずの虫歯や歯周病が、しばらくすると再度悪化してしまい、治療のやり直しを余儀なくされるケースが往々にして見られます。再び悪くなってしまった歯は、以前の治療時より弱くなっている場合もあり、もう一度同じ治療ができるとは限りません。特に歯周病は、再発の可能性が高い病気であるといわれています。

つまり、歯周治療が終了してもきちんとしたアフター・ケアができていなければ、必ず再発してしまうのです。実際に、長期間にわたる歯周治療によって健康を取り戻したにもかかわらず、その後のメンテナンスを怠ったばかりに数年後には再発してしまい、結果として抜歯を余儀なくされた患者様も存在するのです。

正しい食生活や歯磨きの習慣はもちろんのこと、定期健診を利用したより積極的な予防策が必要不可欠といえる病気なのです。

▲ページの先頭へ戻る