MI(ミニマルインタベーション)

MI(ミニマルインターベーション)治療とは、出来るだけ歯を削らず、出来るだけ神経を取らず、生まれもった歯を出来るだけ残して、歯の寿命を長くすることを重視した治療方法のことです。これは2000年、国際歯科連盟によって提唱された新しい概念で、健全歯質を残して虫歯部位を最小限に削除する人にやさしい虫歯治療法です。

従来の虫歯治療との違い

従来の虫歯治療では、詰め物が外れないようにするため虫歯以外の部分まで大幅に削っていました。その結果、その部分が再び虫歯になるとさらに削り、やがては神経を取ることになり、遂には歯を抜かざるをえないという結末を招きがちでした。しかしながら、歯のエナメル質は生体の中でも絶対に再生できない組織のひとつです。細胞自体がないため、一度削られると二度と再生できないのです。そこで、MI治療では基本的に虫歯の部分だけを削り、空いた穴は「接着性レジン」という材料で埋めます。接着性レジンは歯と同系色のプラスチックで、歯に取付けて一体化できる優れた素材です。

早期発見が大切!

MI治療は、今までより虫歯の削る量を大幅に減らし、しかも治療後は虫歯になりにくく歯が長持ちします。さらに、少ない治療回数で完成するため経済的メリットもあり、見た目も美しいものです。ただし、重症化した虫歯に、MI治療は適用できません。そのため、虫歯予防に努めて積極的に定期検診を受け、虫歯を「早期発見」できるように心がけることが大切です。

▲ページの先頭へ戻る