インプラントについて

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、白分の歯のように噛めるようになります。インプラント治療を行うことで、治療後の噛む機能が正しく改善されます。慣れるまでは多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものです。でも、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯の歯根と同様に機能します。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

インプラント治療イメージ

インプラント治療イメージ

インプラントのメリット

インプラント
【 インプラント 】
義歯では固い食べ物を満足に噛ことができませんが、インプラントは強い力が加わっても大丈夫です。噛む力が弱くなったり、味覚の低下する心配はありません。インプラント治療は従来のブリッジ治療と違い、周りの歯を傷つけません。 また、顎の骨に力を加え、顎の骨が痩せるのを防ぐと言われています。従来の入れ歯治療やブリッジ治療と違い、周りの歯に食べかす等が付着しにくいため、周りの歯の虫歯が従来の入れ歯治療やブリッジ治療と比較して出来にくいものとなっています。
ブリッジ (従来治療)
【 ブリッジ (従来治療) 】
従来のブリッジで治療する場合には、隣の健康な歯を削らなければならないだけでなく、装着後もずっと隣の歯に負担をかけてしまいます。一方で、治療が簡単で比較的短期間で済む、通常の入れ歯の治療で、一般的な材質や方法を選べば治療費が安いなどのメリットがあります。

▲ページの先頭へ戻る