義歯・入れ歯について

入れ歯は抜けた歯を補うために、自身で取り外しができる人工的な歯です。しかし、入れ歯に関しては多くの方があまりいいイメージを持っていないようです。しかし、質的にも形態的にも改良されてきていますし、今では多くの種類の入れ歯がありますので、そのなかで自分にあったものを選択すれ ばよいでしょう。

入れ歯というのは、歯が失われた部分に歯茎と歯が繋ぎ合わさった作り物を入れ、咬み合わせや、審美を回復させる為に使います。一般的には「クラスプ」と呼ばれる留め金と、人工の歯、歯肉と同じ赤い色をした部分で作られています。

顎に自分の歯がまったくない場合に使われるのが「総入れ歯」といい、1本でも歯が残っているとその入れ歯は「部分入れ歯」と呼びます。入れ歯は、自分で口の中から取り外すことができるようになっているため、毎日汚れを清掃したり、洗ったりできるようになっています。

入れ歯の種類

【 金属床 】
義歯床が金属で作られたタイプの義歯です。プラスチックに比べて薄く加工できるため違和感もなく、食べ物の熱を伝導しやすくなります。強度も強く割れません。バネなども一体化するため物が詰まりにくくなります。
【 ノンクラスプデンチャー 】
義歯には必ず付いていたバネ(クラスプ)を取り除いた義歯です。金属を使用しないため金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。 プラスチック部分は弾力があり、今までバネについていた食べカスがなくなります。
【 アタッチメント 】
留め金の部分が雄雌の差込み式になったタイプの義歯です。義歯が安定してしっかり噛めるだけでなく、留め金が外に出ないので見た目も自然です。
【 マグネット 】
磁石の力でくっつきます。入れ歯に超小型磁石をはめこみ、歯には磁石につきやすい金属を埋め込みます。

噛むことと認知症の関係

咀嚼(口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと)は脳を刺激するため、認知症との関連性があるのではないかと考えられています。そして、認知症が進んでいる高齢者は、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っている場合が多いようです。実際義歯の噛み合わせを直し、きちんと噛んで食事をする習慣がもどったところ、認知症の症状が改善したという報告は少なくありません。しっかり噛むためには自分自身の歯を残すことが理想ですが、次善策として義歯をしっかりと調節することも大切です。

▲ページの先頭へ戻る