歯に被せる種類

歯科治療において、修復材となるかぶせ物や詰め物を補綴物といいます。かぶせる歯についてもより自然なものでというご要望も多くなってきています。当院では、いろいろなケースに適した方法をご用意しています。

銀歯

冠全体が金属で出来ている、いわゆる「銀歯」です。保険では多くの場合、「金銀パラジウム合金」という金属が使用されています。保険でクラウン(差し歯)を作る場合には、前から4番目以降の歯はすべてこの金属冠になります。

プラスチック

冠全体が「硬質レジン」というプラスチックのようなもので出来ているクラウン(差し歯)です。銀歯よりも審美性にすぐれていますが、強度的に問題があり、変色がおきやすいという問題があります。

ジルコニア

ジルコニアセラミックとは、オールセラミックの審美性と金属の強度を併せもった、最新の素材です。金属を一切使用していないので、光の透過性もよく、金属 アレルギーや金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色の心配もありません。現在では、審美性・強度ともに、もっとも優れている審美素材です。

オールセラミック

従来のセラミックはメタルにセラミックを焼き付けるタイプのものでしたが、オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

メタルボンド

メタルボンドとは金属のまわりにセラミックを貼り付けたかぶせものです。中身が金属で出来ているので、強度がオールセラミックより強く、表面がセラミックで出来ているので、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性などのデメリットがあります。強度が必要な個所の治療に適しています。

▲ページの先頭へ戻る